PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
刈羽村議会が陽子線治療施設で質疑

 刈羽村の品田村長は9日、村議会9月定例会初日の一般質問で、村が誘致の可能性を探る陽子線がん治療施設について「専門家の意見を仰ぎながら国の指導も受け、慎重に進める」と述べた。

 陽子線治療は放射線治療の1つ。粒子線の一種である陽子線をがん細胞に照射する。治療施設は、村が2008年度、電源地域振興センターに策定を委託した「地域創造プロジェクト基本構想」で5つの中核事業の1つ。これを受けて09年度は今後の事業可能性、整備構想の検討に向け、基本計画の策定を進める。

 一般質問で松岡強氏は「誘致までに、がんの治療法は安価で有効な別の技術が進歩する。過大な投資が重荷にならないか」と懸念を示した。品田村長は「採算の合わない事業は進めない。大学や事業者と一緒に行政としてできることを行い、地域発展に取り組む」とし、「構想から計画、実施へと進もうとしている初期段階。大規模装置、先端技術が必要だが、見返りも大きい」と答えた。

(2009/ 9/10)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。