PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
刈羽村で国体開会のリハーサル

 トキめき新潟国体なぎなた競技会の開会を控えた刈羽村のラピカで24日、刈羽中の運営ボランティア、刈羽小マーチングバンドのリハーサルが行われた。

 なぎなたは昨年の都道府県対抗大会、競技役員養成会として今年のプレ国体などでリハーサルを重ね、本番に臨む。中学生は27日のオープニングプログラムから会期の3日間、全校125人が学年ごとに誘導、式典などで協力する。刈羽小5、6年生は約80人が閉会式でマーチングバンドを演奏する。

 24日は刈羽中生徒がプラカードを持って入退場、表彰式の練習などを行った。生徒会長の小林謙太君(3年)は「中越沖地震では全国の方にお世話になった。恩返しのつもりで取り組んでいる。大会が盛り上がってほしい」と述べた。新潟県のプラカードを持った加藤龍二君(2年)は「誇らしい感じ」と胸を張った。震災で自宅が半壊し、2年間の仮設住宅暮らしを余儀なくされたが、「協力し合ってやっていくことの大切さを学んだ」と話した。

(2009/ 9/24)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。