PHOTOニュース

冬季に東京電力柏崎刈羽原発で事故が発生したとの想定で行われた訓練。 荒浜コミセンでは停電を想定し、非常用の照明を使う中で住民の受け付け などの手順を確認した=8日、市内荒浜3 (2023/02/09)


御弓始祭で神矢を放つ三嶋宮司=7日、市内西山町の二田物部神社 (2023/02/08)


工夫された雪合戦でも楽しんだ別俣スノーフェスタ=5日、旧別俣小 グラウンド (2023/02/07)

>>過去記事一覧
ラピカ10周年記念演劇が本番へ追い込み

 刈羽村生涯学習センター「ラピカ」開館10周年記念事業で村民らが上演するオリジナル演劇「砂の丘に生きる」は本番まで2週間を切り、けいこが追い込みに入った。25日は特別出演の西山かたくり一座などと合同練習を行った。

 制作は村生涯学習振興公社。作・演出は柏崎演劇研究会の長井満代表。2月7日午後2時からラピカ(入場無料)で、同月14日午後2時から市産文会館の柏崎演劇フェスティバル(公演券500円)で上演する。砂丘地に桃を植えた先人の苦労、桃栽培や石油産業の盛衰、東京電力柏崎刈羽原発の誘致などをたどり、ふるさとの今と昔を描く。かたくり一座を含め、出演者とスタッフで総勢130人規模となる。

 合同練習では刈羽、西山でそれぞれ練習してきた成果を披露。村内サークルによる歌や踊りのシーン、スライドも交え、出演者の出入り、場面転換、大道具の配置、効果音のタイミングなど全体の流れをチェックした。

(2010/ 1/26)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。