PHOTOニュース

フラ・タヒチアンダンスなども行われたじょんのび村のイルミネーション 点灯式=3日、市内高柳町高尾 (2022/12/05)


文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた市協議会長の金子正 美さん(右)=1日、市役所 (2022/12/02)


「風流踊」の登録決定を受け、くす玉を割って祝う綾子舞の関係者=30日 午後7時過ぎ、市役所多目的室 (2022/12/01)

>>過去記事一覧
ライフセービング・柏崎チームが大会で活躍

 第23回全日本ライフセービング・プール競技選手権大会が15・16日、横浜国際プール(横浜市)で開かれ、柏崎ライフセービングクラブと新潟産業大水球部を中心に結成した柏崎チームが2種目で銀メダルを獲得するなど活躍した。大会には全国から42チーム、528人が参加した。

 柏崎チームは、200メートル障害スイムで遠藤雅選手が2分5秒66で銀メダル、4×50メートル障害リレーで池谷薫・遠藤雅・大野翔平・外山英俊選手が1分52秒18で同じく銀メダルに輝いた。

 今回の柏崎チームは産大水球部27人の参加を得て、40人でエントリーした。これは日本体育大チームに次ぐ大選手団。

(2010/ 5/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。