PHOTOニュース

フラ・タヒチアンダンスなども行われたじょんのび村のイルミネーション 点灯式=3日、市内高柳町高尾 (2022/12/05)


文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた市協議会長の金子正 美さん(右)=1日、市役所 (2022/12/02)


「風流踊」の登録決定を受け、くす玉を割って祝う綾子舞の関係者=30日 午後7時過ぎ、市役所多目的室 (2022/12/01)

>>過去記事一覧
刈羽村が10月に村制110周年イベント

 刈羽村は村制施行110周年記念イベントを10月31日にラピカで行うことになり、記念事業実行委員会(名塚和好委員長)が活動を開始した。

 同村は1901年11月1日、刈羽村、勝山村、東城村の一部が合併して村制を施行。56年に赤田町方など5集落を、59年に井岡を編入した。本来、来年が110周年だが、2000年11月1日にラピカで100周年記念式典を行い、これに続く1年を「100周年イヤー」として記念事業を繰り広げた。今回も前倒しとし、式典はせずに記念イベントを行う。

 実行委員は各地区2人ずつの8人で、30代が中心。2月から会合を開き、案を検討している。事業では村の地図をかたどったボードを分割し、桃の花見、夏の成人式とふるさとまつり、秋の村民運動会とさわやかマラソンで10年後の村への期待などを参加者にメッセージとして書いてもらう。

 10月の記念イベントで5つのボードを合わせ、完成させる。

(2010/ 5/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。