PHOTOニュース

市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)


市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)


シンガポール男子代表から水球指導を受ける小中学生=20日、柏崎アクア パーク (2022/09/21)

>>過去記事一覧
柏崎原発5号機が営業運転再開

 中越沖地震で被災後の起動試験を終え、調整運転を続けてきた東京電力柏崎刈羽原発5号機が18日午後7時23分、国の総合負荷性能検査に合格し、営業運転に移行した。5号機は同地震前の2006年11月から定期検査に入っていたため、4年3カ月ぶりの復帰。また、地震後の営業運転再開は、7、6、1号機に続いて4基目となった。 

 総合負荷性能検査は同日まで3日間行われ、経済産業省原子力安全・保安院の検査官が運転データを確認した。終了後、竹本亮・同院柏崎刈羽原子力保安検査官事務所長が定検終了証を横村忠幸・柏崎刈羽原発所長に手渡した。竹本所長は同原発の状況を「普通の発電所に戻りつつある」と述べたほか、発電出力が4基合計で国内原発最大にまで回復したとし、「そういう立場に立った発電所であることを自覚し、きちんと安全に配慮して、住民の視線を忘れずに運転してほしい」と求めた。横村所長は「安全を第一に、細心の注意を払って運転していきたい。残る3台のプラントはこれまでの知見を生かし、人身災害や火災がないように努めながら復旧に当たりたい」と述べた。 

(2011/ 2/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。