PHOTOニュース

開館25周年記念の寄贈資料展。柏崎県関係など貴重な資料が並んだ=1日、ソフィアセンター (2021/12/08)


市優良建設工事の表彰式。市長を囲んで、左から石塚組、石高建設、村田建設、英電社、アスカ (2021/12/07)


イルミネーションが輝くじょんのび村のつり橋。「きれいだね」と歓声が上がった (2021/12/06)

>>過去記事一覧
新成人フェス該当者847人に案内状

 市教育委員会は、20歳(はたち)の門出を祝う新成人フェスティバルを憲法記念日の5月3日、市民プラザで行う。これまで市総合体育館で実施してきたが同館が東日本大震災の避難所となっているため会場を変更。会場の関係で、出身中学校区によって午前・午後の2部制とする。また、アトラクションはなく、式典と記念撮影で晴れの日を祝う。 

 フェスティバルは、全国的に新成人を祝う式典の在り方が問われる中、1998年からオープン参加型にした。以来、総合体育館の観覧席を使い、新成人と家族が喜びを分かち合える場をしつらえた。同時に、多くの市民からも訪れてもらい、新成人の門出を祝ってきた。市民プラザが会場となる今年も、家族らの参加ができるが、立ち席となる。

(2011/ 4/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。