PHOTOニュース

青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)


原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)

>>過去記事一覧
交通安全運動スタート

 春の全国交通安全運動が11日から始まった。スローガンは「春の道 マナーとゆとりで 安全運転」。運動の重点は(1)子どもと高齢者の交通事故防止(2)自転車の安全利用の推進(3)飲酒運転の根絶(4)全座席のシートベルトとチャイルドシートの正しい着用の徹底。期間は20日までの10日間。 

 期間中には関係機関などがさまざまな取り組みで交通事故抑止を呼び掛ける。初日朝は市内東本町1のモーリエ前で会田市長、田村昌三郎柏崎署長、高橋義明柏崎地区交通安全協会長が通学・通勤時に合わせて街頭立哨を行い、通学する児童に「おはよう。車に気を付けてね」などと声をかけた。

(2011/ 5/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。