PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
ぎおんまつりで大震災復興祈念の花火大会へ

 ぎおん柏崎まつり協賛会(会長・会田市長)はこのほど、柏崎商工会議所で2011年度の総会を開き、予算・事業計画などを決めた。東日本大震災復興支援の気持ちを込め、7月24日のマーチングバンドを皮切りに、26日の大花火大会まで例年通り実施する。 

 総会で会田市長は「東日本大震災で市内にも約2千人の避難者が来ており、被災地の支援を盛り込んだ祭りにしたい」とあいさつした。具体的には100万円を目標として募金など支援活動を行うほか、祭りの最後を締めくくる大花火大会の市民一同の大スターマインを「東日本大震災復興祈念花火」として打ち上げたい方針だ。

(2011/ 5/12)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。