PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
柏崎農協が東村山の児童に田植え指導

 柏崎とは姉妹都市の東京・東村山市の小学校2カ校に24日、柏崎農協の渡辺吉隆常務理事らが訪問し、5年生に田植え指導を行った。柏崎産こしいぶきが東村山市内の全小中学校の給食に使われている縁で、昨年に続く交流だ。 

 柏崎農協(今井長司・経営管理委員会会長)は1998年から、東村山市の米穀小売商組合(木村雅亮組合長)加盟の3店の協力を得て、同市の15小学校、7中学校に柏崎産米を提供。当初は越路早生(わせ)、現在はこしいぶきが年間に約500トン送られている。

 農協では米とともに、全小学校に学習用の稲の苗を提供し、学校田やバケツなどで育ててもらったが、児童とより交流を深め、柏崎のことを知ってもらいたいと、同市教育委員会の理解を得て、昨年から実際に学校を訪れて田植え指導を開始。今年は渡部智史・市産業振興部長らも同行した。

(2011/ 5/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。