PHOTOニュース

DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)


青少年健全育成大集会の実践研修で、タブレット体験をする参加者=27日、市民プラザ (2021/11/30)

>>過去記事一覧
門出かやぶきの里で念願の屋根ふき替えへ

 市は今秋、市内高柳町門出にある宿泊施設「門出かやぶきの里」の屋根のふき替えを行う。今冬の豪雪で同所の屋根は過去に例のないほど大きな損傷を受けた。今回の修理はあらかじめ予定していたものだが、管理する門出ふるさと村組合(小林康生代表)や地域ではタイムリーな補修を喜んでいる。 

 「かやぶきの里」には1991年オープンで本家を意味する「おやけ」と、翌年に移築した分家の「いいもち」の2施設があり、どちらも旧高柳町が所有し、合併で市に引き継がれた。同組合は「おやけ」営業開始と同時に設立。同所は毎年、1500人から2千人が利用。大学や高校の合宿、ゆったりとした自分だけの時間を過ごしたい都会の人が多く訪れ、首都圏のリピーターらによる「友の会」も結成されている。

(2011/ 5/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。