PHOTOニュース

シニアコースで取り組んだ縁起物・八丁紙作り。受講者が器用にカッター を使い、完成させた=7日、市民プラザ (2023/12/09)


手作りそば、おにぎり、かき揚げなどがずらりと並んだ「田んぼの分校」 収穫祭=別俣コミセン (2023/12/08)


地域ごとに個性的な双体道祖神が並んだ県石仏の会創立30周年記念写真展 「寄り添う神に誘われて」=市立博物館 (2023/12/06)

>>過去記事一覧
若者の就労支援考える県セミナー

 県長岡地域振興局、市などは15日、若者の職業的自立支援推進セミナーを市民プラザで開いた。就労支援のために支え合う仕組みづくりが提言された。 

 第1部の講演で、新潟国際情報大非常勤講師などで若者の就労支援に携わる斎藤幸江さんは、情報過多のあまり若者が選択肢に悩んでいる今日的状況を指摘。「一人で考え過ぎたり頑張り過ぎて、空回りしたり、つまづいたりすることが多い」とし、家族・支援者がさりげなく経験談を伝えることなどを勧めた。また、本人の自己評価やプラス志向を伸ばすよう、適性による対応を呼び掛けた。 

(2011/10/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。