PHOTOニュース

市内14会場を歌や演奏などでつないだ「音市場」。会場の一つでは、ラテ ンの響きで来場者を楽しませた=市内東本町1、バル酒場PaPiCo (2022/09/24)


市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)


シンガポール男子代表から水球指導を受ける小中学生=20日、柏崎アクア パーク (2022/09/21)

>>過去記事一覧
東電と長野県が事故など連絡の覚書

 東京電力は15日、柏崎刈羽原発で起きた事故やトラブルを連絡するための覚書を長野県と締結したと発表した。本県では今月9日付で、東電と28市町村との間で通報連絡協定が締結され、従来から安全協定を結んでいる柏崎市・刈羽村・県を含め県内全自治体が東電から情報提供を受けている。県外では長野県が初めてだ。

 覚書は、連絡する内容が本県内の協定より絞り込まれ、連絡方法も省かれているが、柏崎刈羽原発広報部では、基本的には本県自治体と同じ情報提供をファクスで行うとしている。

(2012/ 2/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。