PHOTOニュース

市展の開幕を前に始まった応募作品の受け付け=22日午前、ソフィアセン ター (2022/09/22)


シンガポール男子代表から水球指導を受ける小中学生=20日、柏崎アクア パーク (2022/09/21)


チャイコフスキーの3大名作を披露する「キエフ・クラシック・バレエ」。平和への祈りを込め、熱演が繰り広げられた=19日、アルフォーレ大ホール (2022/09/20)

>>過去記事一覧
西山かたくり一座、秋の公演へ稽古開始

 市内西山町の劇団「西山かたくり一座」(石田栄久座長)がこのほど、2年ぶりの公演に向けて稽古に入った。会員書き下ろしの新作「悲恋・野崎の池」(1幕6場)を11月25日、西山ふるさと館で上演する。

 一座は1998年、合併前の西山町が制作した「天明義民伝」で旗揚げし、地元の史実、民話に基づく創作劇4作を町内外で上演してきた。2009年には柏崎市・西山町合併記念公演の「内藤久寛」に協力。10年に市町合併5周年、市制施行70周年で「天明義民伝」(改訂版)を再演した。

(2012/ 7/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。