PHOTOニュース

「野田小唄」作詞者の娘・植木みわこさん(右)と、CD・映像化に協力した高橋さん (2021/11/26)


創立30周年を祝い、点灯されたイルミネーション=24日、剣野小 (2021/11/25)


絵本館サバトの蔵書類が移設された「まちから」の本棚=市内西本町3 (2021/11/24)

>>過去記事一覧
東電社長、知事との話し合い物別れ

 東京電力の広瀬直己社長は5日、午前の会田市長、品田刈羽村長との面会に続き、午後には県庁で泉田知事と会い、柏崎刈羽原発6、7号機の安全審査を早期に原子力規制委員会に申請したいという方針に理解を求めた。しかし、話し合いは物別れに終わり、原発の新規制基準が施行される8日の申請は断念せざるを得なくなった。また新基準で設置が義務付けられるフィルター付きベント設備について、広瀬社長は安全協定に基づく事前了解願の文書を提出したが、県側は受け取りを拒否した。

(2013/ 7/ 6)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。