PHOTOニュース

フラ・タヒチアンダンスなども行われたじょんのび村のイルミネーション 点灯式=3日、市内高柳町高尾 (2022/12/05)


文部科学省からスポーツ推進委員功労者表彰を受けた市協議会長の金子正 美さん(右)=1日、市役所 (2022/12/02)


「風流踊」の登録決定を受け、くす玉を割って祝う綾子舞の関係者=30日 午後7時過ぎ、市役所多目的室 (2022/12/01)

>>過去記事一覧
落雷被害の椎谷鼻灯台が本復旧

 昨年12月に落雷の被害に遭った市内椎谷の椎谷鼻灯台が14日、復旧工事を終えて点灯を再開した。

 椎谷鼻灯台は地上からの高さ約17メートル、海面からの高さ約64メートル。落雷では灯器や電気機器などほぼ全ての設備が損壊した。落雷直後から仮復旧としてLED灯器を点灯していたが、光の届く距離が被害前より約17キロ短く、船舶の航行に影響が出ていた。

 14日は、新潟海上保安部と市内新橋の品田電業社が灯器の最終調整と動作点検を行い、同社にインターンシップ中の柏工2年生2人も復旧作業を体験した。

(2014/ 3/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。