PHOTOニュース

米山プリンセスの認証式。市長を囲み、前列左から五十嵐秀雄さん、田村農産・三上雅さん、徳永農園・徳永逸雄さん、大橋肇さん。後列は左からアグリスペース・上杉英之さん、上野治さん、山波農場・山波健さん=1日、市役所 (2021/12/03)


DXによる働く環境の情報を発信する「ビジネスフェア」=2日午前、産文会館 (2021/12/02)


絵本館サバトの蔵書類が置かれた「まちから」のお披露目会=11月27日、市内西本町3 (2021/12/01)

>>過去記事一覧
県推計、原発事故時の避難は標準条件で18時間

 県は26日、東京電力柏崎刈羽原発で事故が起きた場合の避難時間推計シミュレーションを公表した。設定条件によって26ケースを提示。平日・晴天の日中に全住民が自家用車を使って避難する標準ケースでは、原発から半径5キロの即時避難区域(PAZ)を全員が出るのに5時間半、5〜30キロの避難準備区域(UPZ)の住民も合わせた30キロ圏外への避難は、住民の9割で12時間、全員で18時間かかるとした。UPZの住民の4割はPAZ避難時に自主避難することも加えた。

(2014/ 8/27)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。