PHOTOニュース

原発の「三つの検証」をめぐり、住民と意見交換した説明会=27日、産文会館 (2021/11/29)


DMAT隊長の津吉さん(中央)から専用救急車両の説明も行われた出前授業=田尻小 (2021/11/27)


「野田小唄」作詞者の娘・植木みわこさん(右)と、CD・映像化に協力した高橋さん (2021/11/26)

>>過去記事一覧
桜井市長が使用済み核燃料税の経年累進課税化要請

 東京電力の小早川智明社長が15日午前、年始のあいさつで市役所を訪れ、桜井市長と面会した。桜井市長は東電と協議が進められている使用済み核燃料税の経年累進課税化の実現に向け、改めて協力を要請した。桜井市長が柏崎刈羽原発6、7号機再稼働の条件として求めている1〜5号機の廃炉計画の策定に対し、小早川社長は「引き続き検討を進め、6月までに回答する」と述べるにとどまった。

(2019/ 1/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。