PHOTOニュース

JR柏崎駅前を清掃する市ハイヤー協会の人たち=8日 (2022/08/10)


たわわに実るバナナに目を見張る家族連れら。実際に収穫体験もした=7 日、市内荒浜2の農園「シモダ・ファーム」 (2022/08/09)


早急な拉致問題解決を目指した「めぐみへの誓い」上映会=6日、ソフィ アセンター (2022/08/08)

>>過去記事一覧
柏崎原発5キロ圏住民が大雪時の実効性ある避難計画要請

 今冬の大雪を受け、東京電力柏崎刈羽原発から半径5キロ圏の即時避難区域(PAZ)内の住民有志でつくる団体が29日に記者会見し、大雪時における実効性のある避難計画の策定、検証をするよう県などに要請すると発表した。住民の会代表の吉田隆介さん(71)=市内宮川=は「実効性のある避難計画ができなければ、再稼働を受け入れることはできない」と強調し、近く県や市村などへ大雪時の避難に関する要請書を送る。

(2021/ 1/30)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。