PHOTOニュース

観測井(左)の周辺に敷設した光ファイバーケーブルの近くで衝撃を与えるDAS計測実験=新潟工科大 (2022/08/05)


177点が出品された原爆ぬり絵展。前日の展示準備作業=ソフィアセン ター (2022/08/04)


国内外の作家作品が並ぶ「絵本蔵 松涛」=市内学校町、十三代目長兵衛 (2022/08/02)

>>過去記事一覧
東電本社の原子力部門、柏崎に300人段階的に

 東京電力は30日、都内本社の原子力部門を統括する「原子力立地・本部」の一部機能を柏崎市内に移転させると正式に発表した。柏崎刈羽原発で核物質防護を巡る問題を受けての対応で、同原発構内と市内中心部の2カ所に拠点を置く。まず4月以降に50人程度を配置し、将来的には計300人程度の移転を想定。本社、現場が一体となった運営を強化し、地元の信頼回復につなげたい考え。またテロ対策設備の改良など2022年度から3カ年で約200億円を投じることも明らかにした。

(2022/ 3/31)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。