PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
管内海水浴場11ヵ所が「特に良好」
 県環境対策課が15日付で、県内の主な海水浴場の水質調査結果を発表した。このうち、柏崎保健所管内は13海水浴場中、水質が特に良好とされた「水質AA」に11カ所が判定され、不適の所はなかった。

 調査は年間の利用者が延べ1万人以上の県内66の海水浴場が対象。5月11日から6月3日までを調査期間とし、大腸菌群数、油膜の有無、化学的酸素要求量(COD)、透明度、水素イオン濃度、病原性大腸菌O―157の六項目を調べた。

 判定基準は水質を良好な順にAA、A、B、C、不適の五段階に分けている。同保健所管内は市内の高浜、番神・西番神、東の輪、鯨波、西鯨波、薬師堂、笠島、上輪、西山町の石地、大崎、長浜の11カ所がAA。市内の中央、米山がAだった。

 県内の海水浴場全体の結果はAAが32カ所、Aが28カ所、Bが6カ所で、すべて海水浴に適した水質であることが判定された。

 一方、市では県の対象外の海水浴場として、3カ所を対象に5月下旬に調査を実施。その結果、宮川と荒浜がAA、青海川がAだった。この後、海水浴期間内の7月下旬にも調査が行われる予定だ。

(1998/ 6/18)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。