PHOTOニュース

3年ぶりの潮風マラソン。新型ウイルス感染症禍、密を避けるため、フル、ハーフを3ブロックに分け、スタートした=15日、みなとまち海浜公園 (2022/05/16)


暑さに強いコシヒカリNU1号の田植えを見守る三ツ井教授(右)=13日午後、刈羽村刈羽 (2022/05/14)


今年の開花が確認されたカキツバタ。見頃は来週末ごろになりそうだ=12日午後、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/13)

>>過去記事一覧
市制60周年記念事業 主催・共催合わせ34

 柏崎市が昭和15年、全国で162番目に市制を施行して以来、今年は60周年。20世紀から21世紀をつなぐ意義深い節目の年にふさわしく、「贈ることば21 柏崎の新しい100年物語」をスローガンにして、数々の記念事業を繰り広げる。本格的な事業スタートを前にこのほど、柏崎のイメージを盛り込んだポスターも出来上がり、市内・外に配ってアピールしていく。

 記念事業には地域の有形・無形の財産を伝えていきたいとの願いが込められ、これまでの予定では主催・共催合わせて34。序章「静かに そして感動的に始まる60周年の序曲」から、最終章の「21世紀は目前 次代に託す私たちの柏崎」まで全部で5章で構成される。ストーリー性を持ちつつ、歴史、芸術、教育、スポーツなど多彩な事業・イベントが特徴だ。

 一方、完成したポスターはA1判(縦約84センチ、横約59センチ)の大きさ。国指定の重要無形民俗文化財の綾子舞、米山、花火などを盛り込んで、ひと目で柏崎をイメージしてもらおうというもの。市内の公共施設や学校、主な企業などをはじめ、市外にも配布していく計画だ。

 予定される記念事業・イベントは次の通り。

【序章】=静かに そして感動的に始まる60周年の序曲= ▽松本交響楽団を迎えての「ウィンナー・ワルツジョイントコンサート」(2月20日・市民会館大ホール) ▽「エリック・カール展」(4月22日―5月7日、ソフィアセンター) ▽かしわざき風の陣(5月26日―28日、みなとまち海浜公園ほか) ▽ワールド・パートナーシップ・フォーラムイン柏崎・刈羽(同、柏崎刈羽郡内各所) ▽環境&リサイクルフェスタ2000(5月30日―6月25日、市内各会場) ▽第11回「柏崎ねんりんピック」(6月1日、市総合体育館) ▽「ウィーン少年合唱団」柏崎公演(6月10日、市民会館大ホール)

【第1章】=60年の年月とふるさとの良さを振り返り 21世紀への旅立ち=

▽21世紀に伝えようわたしたちの宝物「かしわざきふるさと自慢なんでも21」(募集期間5月末まで)
▽記念植樹「かしわざき緑の百年物語」(4月―11月、市内各施設)
▽エコーはがきの発行(6月30日、市内郵便局で発売開始)
▽市制施行60周年記念式典「21世紀への躍進・はばたけ柏崎市」(7月27日、市民会館大ホール)
▽小中学生絵画展「私と柏崎の21世紀」(10月―11月、市内各小中学校、ソフィアセンター)
▽「わが町・ふるさと柏崎」写真展(12月9日―11日、ソフィアセンターほか)

【第2章】=熱くなれ2000年の夏 市民総参加の熱気=

▽新潟アジア文化祭2000「ミュージックセッション・キャンプ&前夜祭」(7月17日―28日、市民会 館大ホールほか)
▽友好都市共演まつり「児童マーチング・バンド交流」(7月24日、ぎおん柏崎まつり会場)、「東村山市祭り囃子・阿波踊りの共演」(同25日、同)
▽豪華絢爛・海上三尺玉はじめ百花繚乱「日本一 海の大花火の響宴」(7月26日、中央海岸一帯)
▽第2回C・I・O・F・Fワールドフォークロリアーダ「交わり」プログラムIN柏崎(8月1日―4日、市民会館大ホールほか)
▽第11回「全国ソフトバレーファミリー・フェスティバル」(8月4日―6日、市総合体育館ほか)
▽ジュニアサイエンスアカデミー(8月18日―20日)
▽飛鳥「上海・釜山クルーズ」2000年の旅(8月22日―29日、柏崎港発着)

【第3章】=秋から冬へ 魅力あふれるイベントが続々=

▽世界に誇る勇壮な響き「鼓童」柏崎公演(9月10日、市総合体育館)
▽ワイン・ステーキまつり(9月15日、柏崎ぶどう村)
▽トルコ国立「イズミール交響楽団」柏崎公演(9月23日、市民会館大ホール)
▽第44回柏崎市美術展覧会(10月6日―10日、ソフィアセンター)
▽第7回市民大運動会(10月8日、陸上競技場)
▽国領経郎・坂本文男2人展(10月20日―11月12日、ソフィアセンター)
▽・柏崎フォーラム「エンパワーメントフェスティバル」(10月22日、産文会館)
▽ふれあい産業まつり(11月3日、総合体育館)
▽保健医療福祉の祭典「ふれあい元気フェア2000」(11月11―12日、元気館ほか)
▽音楽劇「手作り60(ロクマル)」(12月10日、市民会館大ホール)

【最終章】=21世紀は目前 次代に託す私たちの柏崎=

▽柏崎ふるさと人物館整備事業(平成9年度―13年度)
▽街しるべモニュメント設置(同12年度)
▽「秋幸苑・行在所」公開事業(同12年度―15年度)
▽人が真ん中育英基金の設立(同12年度―21年度)

(2000/ 2/ 9)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。