PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
創業100年の丸福証券が子ども育成基金に100万円

 市内に支店のある丸福証券(本店・長岡市、西條喜夫社長)が創業100周年を記念して15日、新年度に創設が予定されている「子ども育成基金」に役立ててほしいとして、西川市長に100万円を寄付した。

 同社は明治32年10月、長岡市で創業。創業者の反町新作氏、初代社長の反町芝郎氏以来、現在の西條社長は6代目。本店のほか、東京を含む県内13カ所に営業店舗を持ち、社員数は約200人。柏崎支店は昭和27年に設立された。

 この日は西條社長をはじめ、小林長男・総務部長、徳永信行・柏崎支店長が市役所を訪れた。西條社長が「これまで業務を続けてこられたのも地域のおかげであり、感謝したい」と話し、目録を手渡すと、市長は「地域の子どもたちのために有効に活用させてもらいたい」と礼を述べた。

 同基金は市制60周年の記念事業の一環として設立が予定されており、今議会に条例の制定が提案されている。市民からの寄付金と市の支出金で基金を創設し、目標は10年間で5億円。有効活用を図りながら、子どもの健全育成、子育て支援を目指す事業だ。

(2000/ 3/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。