PHOTOニュース

新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)


探鳥会で双眼鏡をのぞき、野鳥の姿を確認する鯖石小児童たち=13日 (2022/05/17)

>>過去記事一覧
今年のメーデー,「福祉」と「雇用」テーマに

 労働者の祭典「メーデー」の5月1日、連合柏崎地協(渡辺五四六議長・72組合加盟)は、第71回柏崎地区メーデー集会を午前9時15分から中央海岸・潮風コートで開く。連合メーデーの今年のテーマは「福祉」と「雇用」。厳しい不況を吹き飛ばそうと、柏崎では5,000人を目標に加盟組合に参加を呼び掛けている。

 連合メーデーは、県内では柏崎をはじめ31会場で集会が行われる。「働く者の連帯で、『ゆとり・豊かさ・公正な社会』を実現し、自由で平和な世界をつくろう」のおなじみのメーンスローガンに、今年は新たに「ニッポンの世直し、くらしの元気総行動に起ちあがろう!」を追加した。

 またサブスローガンは、賃金引き上げ、140万人の雇用創出、安心と信頼の年金制度実現など15項目を挙げた。

 柏崎の集会は、渡辺議長や来賓のあいさつ、スローガン確認に続いて、アトラクションとして柏崎地協結成十周年記念ミニコンサートと抽選会を楽しむ。労働者の連帯を訴える一方で、近年のメーデーの特色であるお祭り色をアピールするプログラムだ。集会終了後、参加者を2手に分け、JR柏崎駅前までの街頭行進と会場周辺の海岸清掃を繰り広げる。

 雨の場合は市民会館大ホールで集会だけになる。

(2000/ 4/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。