PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
MOX燃料品質管理 国が地元に説明

 東京電力柏崎刈羽原発3号機(沸騰水型、出力110万キロワット)のプルサーマルで使うウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料について、通産省資源エネルギー庁は31日、県・柏崎市・刈羽村に対し、品質管理に問題はないとする説明会を新潟市の県自治会館で開いた。

 MOX燃料をめぐっては昨年9月以降、関西電力高浜原発用燃料に品質検査データねつ造が発覚。東電は製造会社が異なるものの、柏崎刈羽と福島第一原発用燃料の品質管理状況を2度にわたって調査し、「信頼性は高い」とする再確認報告書を今年2月に通産省に提出した。同省は8月10日、報告書の内容を認める判断を下し、すでに輸入燃料検査申請が出ていた福島には合格証を交付している。

 説明会は県が要請したもので、エネ庁から原山保人・原子力産業課長ら3人、東電からも袮津信彦・原子力管理部燃料対策ゼネラルマネージャーら5人、県・市・村からは原子力担当者9人が出席した。東電が改めて報告書の内容を説明したのに続いてエネ庁側は、製造会社のベルゴニュークリア社(ベルギー)で専門家とともに品質管理体制・検査工程・データなどを調査した結果、「東電の再確認作業に問題点は見られない」「品質管理状況に疑問を持つ理由はない」という結論に至ったと説明した。

 これに対し県や市は、品質管理の生データや詳細データが提示されていないことを重ねて指摘したが、エネ庁は、プルトニウムをめぐる国際的な制約や製造会社側の問題ですべての情報を公開できないとしたほか、「ペレット外径のばらつきデータなど、品質が十分かどうかを判断するものは報告書に入っている」「念のためのチェックであり、細かいデータをつまびらかにする必要はない」と理解を求めた。東電側は「われわれは工場でペレット一個ずつのデータは確認している」と述べた。

 終了後、市の若山原子力安全対策課長は「これだけの期間をかけており、国の結論は評価したい。生データがあれば一番分かりやすいとは思うが」と話した。

(2000/ 9/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。