PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
バスケ日本リーグ 空中戦が観客魅了

 第34回JBL(バスケットボール日本リーグ機構)プレスパーリーグ・日本リーグ柏崎大会(日本バスケットボール協会など主催)が22日、市総合体育館で行われた。ダンクシュート、リバウンドなどによる空中戦、攻守で激しくぶつかり合う肉弾戦の迫力は観客を魅了し、試合を終えた選手に会場は大きな拍手を送り健闘をたたえた。

 日本リーグでは、新潟アルビレックスがニデックとの開幕戦を行い、95―71で快勝し公式初戦を白星で飾った。開始直後はプレーに硬さも見えたが、外国人選手の活躍で徐々に点差を広げ、49―32で前半終了。後半は控え選手を出すほどだった。プレスーパーリーグでは、昨年1位の東芝が2位のいすゞを終始リードし、89―76で下した。

 試合前に東芝チームから市制60周年記念として、全選手のサイン入りボールが市に寄贈された。また両リーグの試合開始前に市内の中学生から各チーム主将に花束が渡され、選手がサイン入りミニボールやタオルを観客席にプレゼントした。試合に先立ち、中学生の柏崎・小木町「めおと都市」交流試合も行われた。

(2000/10/23)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。