PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
センター試験始まる

 すべての国公立大と半数以上の私立大が参加する大学入試センター試験が19日、全国684カ所の会場で一斉に始まった。県内10会場のうち、柏崎の新潟産業大と新潟工科大では、受験者の最も多い1時間目の外国語に昨年より38人多い341人が受験した。

 センター試験は私立大の利用も増え、昨年より45大学多い478大学が利用。志願者は昨年を約11,000人上回る602,089人で初めて60万人を超え、県内でも過去最多の10,724人となった。

 この日の柏崎地方は朝方冷え込んだが、風もなく、試験前には日差しがのぞくまずまずの天気となった。市内藤橋の新潟工科大では午前8時ごろから受験生が保護者の車やJR柏崎駅前からのバスで会場入りした。会場4年目となった工科大では外国語に4教室で140人が、市内軽井川の新潟産大では2教室で201人が受験した。志願者数に対する受験率はそれぞれ82.8%、94.8%だった。

 試験前の注意では携帯電話、計算機・翻訳機能付き腕時計の不使用などを呼び掛け、世相を感じさせた。問題冊子、解答用紙が配られると、試験会場に張り詰めた空気がみなぎった。初日は外国語の後、地理歴史、数学@、同A。最終日の20日は国語、理科@、同A、公民が行われる。

(2002/ 1/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。