PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
世界のおもちゃフェスが9・10日

 「世界のおもちゃフェスティバル」(市社会福祉協議会主催)が9・10日、市総合福祉センターで開かれる。共催は市、日本グッド・トイ委員会。両日とも同センターをフルに使い、おもちゃのお祭り広場に変身させる。

 フェスティバルは世界のおもちゃを通して、親子のふれあいや、子供とお年寄りの交流を深めてもらうと共に、豊かな情操を育んでもらうことがねらいだ。本市の子供にやさしい街づくり事業の一環として1997年から始まり、今年で6年目。

 共催のグッド・トイ委員会は、おもちゃ美術館の呼び掛けで1984年に発足した全国規模の団体。福祉や教育の専門家、教師、保母など幅広い分野の人たちで組織している。フェスティバルは優良おもちゃの選考と普及を目指す同委員会が、10年以上にわたって「グッド・トイ」に認定してきた世界のおもちゃを展示する。

 両日とも、展示されたおもちゃからさらに柏崎の子供たちが人気ナンバー1を選ぶおもちゃ審査会、布や段ボールなど新しい素材を使ったエコ・トイ、お年寄りも楽しめるエイジレス・トイの展示をはじめ、身近な材料を使うリサイクル手作りおもちゃ教室、壊れたおもちゃを治すおもちゃ病院など。

 併せて、モザイクアートのワークショップ、何でも落書きコーナーなど盛りだくさん。軽食コーナーなどもある。時間は9日が午前10時から午後5時、10日が午前9時から午後3時まで。ワークショップは両日とも午前10時から正午、午後1時から3時まで。

(2002/ 3/ 7)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。