PHOTOニュース

地元住民の畑で、自生のシソを摘み取らせてもらう参加者=6日、市内高 柳町石黒 (2024/07/13)


中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)

>>過去記事一覧
柏崎総合高校が3日に草花と野菜苗販売

 市内元城町、柏崎総合高は3日午前9時から正午ごろまで草花のポットと野菜の苗販売を行う。5月連休に合わせた一般向けの販売は久しぶりだ。

 苗販売は前身の柏農でこの時期の恒例行事だったが、近年は栽培規模の縮小などで中止していた。今年は柏崎総合に改称して最初の5月を迎え、実施する。会場は正門を入って校舎手前の右手にある草花温室。2,3年の専攻生が実習で育てた草花、苗を販売する。

 3日以降は連休明けの7日から午後に販売する。花はサルビア、マリーゴールド、ペチュニア、ベゴニア、アゲラタムなど約7,500ポット(各50円)。野菜の苗はナス3種、キュウリ、シシトウ、ピーマン、カボチャなど約600ポット(各100円)。スイカ(大小)の接ぎ木のみ150円。購入数が多い場合、ダンボール箱などの持参が必要だ。

(2002/ 5/ 1)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。