PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
二中生徒ら鼓童とジョイント演奏

 佐渡を拠点に国際的な活動する和大鼓集団「鼓童」が24日、市立二中(加茂川義康校長、生徒数282人)を訪れ、交流学校公演をした。生徒をはじめ保護者や近隣の住民が和楽器の素晴らしさ、魅力を十分に満喫した。

 公演は体育館で行われ、鼓童のメンバーは「屋台囃子(ばやし)」など6曲を演奏。エネルギッシュなバチさばきから繰り出される太鼓の音は、会場の床からも体に響き渡った。途中、演奏で使う太鼓や笛を紹介。太鼓は譜面で覚えるのではなく、口唱歌(くちしょうが)で覚えることも披露した。

 最後に生徒、保護者ら20人が前に出て、メンバーのたたく太鼓をまねる「やまびこゲーム」に挑戦。そのままジョイント演奏に移り、即興の演奏に会場中は手拍子で応援した。

 演奏した3年生の荒川由紀子さん、三井田彩さんは「はじめて太鼓をたたいたけど楽しかった」「メンバーの人から教えてもらえて感動した」と少し興奮気味に話した。1年生の浅野暁俊君は「ダイナミックな演奏にびっくりした。まだ手がしびれている」と満足顔だった。最後に鼓童の斉藤栄一さんが生徒たちに「自分に合ったものを見つけてください。一生打ち込める何かがあれば、楽しい人生が待っている」と言葉を贈った。

(2002/ 6/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。