PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
「安野光雅の世界展」開幕

 繊細な描写と優しい色づかいで知られる画家・安野光雅(あんの・みつまさ)氏(77)の原画を展示した「安野光雅の世界展(市、市教委主催)が13日から、ソフィアセンターで始まった。開幕と同時に、たくさんの人が訪れ、独特の作品に見入った。 安野氏は美術教員として上京後、教員のかたわら本の装丁などを手がける。1968年、絵本界にデビューし、淡い色調の水彩画で、優しい雰囲気が漂う作品の数々を発表してきた。昨年春、出身地の島根県津和野町に、これまでの作品を収蔵した美術館が誕生した。

 会場には「歌の風景」「風景画を描く」などのコーナーに、世界の愛唱歌の舞台をはじめ、イギリス、アメリカなど各地を訪ねて描いた水彩、デッサンなど100点余りが並んだ。「菩提樹」「アビニョンの橋の上で」などの題で丹念に描かれ、だまし絵、映画の一場面でも楽しませる。

 また、トランプ王国で繰り広げる愉快な絵本「さかさま」、司馬遼太郎の歴史紀行「街道をゆく」の装画の展示なども。枇杷島小一年の原子裕樹君は「絵の色がきれい」と話し、母親の和加子さん(38)は「細かい所までよく描かれ、歌のイメージがそのまま絵に表現されている。幅の広い画家として引き寄せられる作品が多い」と感心していた。

 併せて、絵本を読んだり、遊びのコーナーも設けられた。会期は28日まで。平日が午前10時から午後8時、土・日・祝日が午後5時まで。入場料は一般・大学生が500円、高校生が300円、中学生以下は無料。

(2002/ 7/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。