PHOTOニュース

地元住民の畑で、自生のシソを摘み取らせてもらう参加者=6日、市内高 柳町石黒 (2024/07/13)


中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)

>>過去記事一覧
蓮池さん・奥土さん、帰郷3日目は一緒

 1978年に朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に拉致され、24年ぶりに柏崎に里帰りした蓮池薫さん(45)と奥土祐木子さん(46)は帰郷3日目となった19日午前、奥土さんが市内平井の自宅から同土合の蓮池さん宅を初めて訪れ、同長崎にある蓮池家のぼだい寺で一家と先祖の墓参りをした。午後は蓮池さんが自宅近くの日吉小グラウンドで中学時代の同級生らと野球をする予定で、奥土さんも観戦することにしている。

 蓮池さんは19日朝、自宅の庭でキャッチボールを楽しんだり、親せきの赤ん坊を抱いて、親せきの家族がテニスをする様子を眺めるなど、くつろいだ様子だった。奥土さんは午前9時過ぎ、父親一男さん(75)の見送りで自宅をタクシーで出発し、蓮池さん宅を訪問。笑顔で正門にまで出迎えに出ていた蓮池さんの両親らに「おはようございます」と明るくあいさつした。この後、蓮池さんの家族と奥土さんは、近くの蓮池家のぼだい寺に向かい、先祖の墓参りをした。

 2人は18日、日本の旅券を県に申請し、19日夕にも2人に発給される見通しだ。

(2002/10/21)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。