PHOTOニュース

中央地区コミセンの防災講座。避難所になる12の町内役員が集まり、段ボールベッド、パーティションの組み立てに挑戦した=6日、同コミセン (2024/07/11)


相田院長(前列左から3人目)、長谷川副院長(同4人目)と、かつて例のない大人数となった臨床研修医。深刻な医師不足の中で期待が集まる=市内北半田2、柏崎総合医療センター (2024/07/10)


柏崎リーダー塾第6期生の入塾式。1年半にわたるカリキュラムのスター トを切った=6日、柏崎商議所 (2024/07/09)

>>過去記事一覧
柏崎ロードレースに市内外700人

 第25回柏崎ロードレース大会(新潟陸上競技協会主催)が10日、市陸上競技場発着の柏崎マラソンコースで行われ、市内外から集まったランナー約700人が健脚を競った。天候が心配されていたが、ハーフマラソンなど男女5種目で7つの大会新記録がマークされ、好記録ラッシュとなった。

 コースは中学生3.3キロ、一般の5キロ、10キロ、ハーフマラソン。このうち出場者の半数近くがハーフマラソンを走った。招待選手の弘山晴美選手(資生堂)、小林哲也選手(柏高卒、福田組)は3年連続出場。レース前にアトラクション「弘山選手と走ろう」(トラック2キロ)が行われ、弘山選手は最年少の剣野小1年・田辺智也君を激励しながら伴走した。アトラクションを楽しみにしていた田辺君は初挑戦の2キロを走りきり、うれしそうだった。またレース中、柏崎アクアパーク前で米山台たんぽぽランナーズが威勢のいいマラソン太鼓をたたき、ランナーを応援。ハーフマラソンに出場した視覚障害の男性が伴走者とともにゴールすると、拍手がわいた。

(2002/11/11)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。