PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
柏高がセンバツ惜敗、斑鳩に1−2

 第75回選抜高校野球大会が22日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した。21世紀枠で柏崎から初出場した柏高は、開幕戦の第1試合で奈良の斑鳩(いかるが)と対戦。終盤まで接戦を演じたが、1―2で敗れ、本県勢のセンバツ初勝利はならなかった。

 柏高は初回2死2塁から盗塁に失策が絡み1点を失った。4回に先頭の佐藤が右翼フェンス直撃の2塁打を放ち、1死3塁の同点の好機を迎えたが、後続を断たれた。5回先頭の須田が中前打で出塁。送りバントと盗塁で2死3塁とし、芦岡の左前適時打で同点とした。中盤、柏高は重殺など好守で流れをつかんだかに見えたが、8回、斑鳩に1死から2長短打で勝ち越された。最終回、1点を追う柏高は2死から須田が左前打を放ち最後まで粘りを見せたが、力尽きた。

 柏高の主戦須田は緩急をつけた投球で丁寧にコースに投げ分け、被安打8と好投。8回は、アウトコース低目を狙った直球が高めに浮いて決勝点を奪われた。

 柏高打線は8安打を記録し、再3チャンスをつかんだものの、斑鳩の右横手の主戦牛島に要所を抑えられた。

 開幕戦の入場者数は3,300人。

(2003/ 3/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。