PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
飯塚邸が4月1日オープン

 市内新道、史跡・飯塚邸が4月1日からオープンする。飯塚邸は市指定史跡「秋幸苑・行在(あんざい)所」であり、市が歴史民俗資料館として整備した。オープンに伴い、新たに茶室などを社会教育活動の場として利用できる。管理に当たる新道町内会(阿部和夫会長)は26・27日、早春の邸内外の清掃作業を行い、オープンに備えた。

 飯塚家は、当地域内外の経済界・政界で活躍した歴史を持ち、その建物と庭園は近世・近代における越後の富裕階級のあり方を伝える。1947年10月、昭和天皇が本県を視察した際、飯塚邸に滞在し、のちに宮内省から庭園に「秋幸苑」の名が贈られた。

 敷地は約5,921平方メートル、建物は木造2階建て、延べ約1,591平方メートル。第14代当主・飯塚知義氏(新潟市在住)から市に寄付を受け、2001年度から整備に着手。みそだる、年貢米を保管した長屋門の上(かみ)・下(しも)手蔵を展示室に、また主屋の屋根、土台の補修、庭園の整備・改修を行い、昨年秋に約1カ月間公開した。

 オープンを前に、同町内会の17人が庭園、建物内外の清掃に取り組んだ。落葉樹が多いため、落ち葉の始末が大変だったものの、阿部会長は「こけの上の落ち葉は、こけを痛めないように気を使った」と話す。展示室の茶器類、髪結い道具、大庄屋の仕事道具など展示物の一部入れ替えも行われた。引き続き、2003年度は最終工事として昭和天皇が宿泊した新座敷などを改修する。

 開館は11月30日までで、時間は午前9時から午後4時半まで。休館日は月曜で、月曜が休日の場合は翌日。入館料は一般が300円、小中学生が150円。20人以上の団体は割引き。座敷棟、茶室の利用は5人以上の団体。事前申し込みが必要。問い合わせは市文化振興課または飯塚邸(電話20―7120)へ。

(2003/ 3/29)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。