PHOTOニュース

五分咲きとなったカキツバタ。鮮やかな紫色の花が水辺を染めた=20日午前、市内軽井川の柏崎・夢の森公園 (2022/05/20)


新緑の園内で、白い花をつけた「なんじゃもんじゃ」の木=17日、市内新道の飯塚邸 (2022/05/19)


市内18店舗・22講座が開設される「まちゼミ」のリーフレット (2022/05/18)

>>過去記事一覧
柏崎の最高路線価、5年連続下落

 新潟税務署は1日、相続税や贈与税の算定基準とされる2003年分の県内路線価を発表した。柏崎署管内の最高路線価は、市内駅前2、駅仲通りの1平方メートル当たり15万5,000円(前年17万5,000円)。変動率は11.4%のマイナスで5年連続の下落。下落幅も1.1ポイント拡大した。

 路線価は主要道路に面した土地1平方メートル当たりの評価額。国税庁が毎年1月1日時点で取引価格、不動産鑑定士の評価などを基に算定する。国土交通省が3月に発表する地価公示価格の8割程度が目安とされている。

 柏崎署管内の最高路線価は1984年まで市内東本町1で、85年から駅前2となった。以来、同所の路線価は92年まで最大32.4%で上昇を続けたが、2年続きの変動ゼロを経て、95年、初めて前年を下回った。さらに3年連続の横ばいの後、99年から下落が続いている。

 県内一万地点の標準宅地にかかわる平均額は4万7,000円で、前年より7.8%(4,000円)の下落。10年連続のマイナスとなった。最高路線価は5年続きで13署すべてで前年を割り込んだ。下落幅は長岡署管内の長岡市大手通1が17.3%で最も大きかった。路線価図などは各税務署で閲覧できるほか、国税庁のホームページでも見ることができる。

(2003/ 8/ 2)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。