PHOTOニュース

桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)


ごみの持ち帰りを呼び掛ける看板の取り付け作業=30日朝、東の輪海水浴場 (2022/06/30)


佐藤さんが撮影した火球クラスの流星=29日午前2時50分、市内加納地内  (2022/06/29)

>>過去記事一覧
刈羽村の共生事業は企業連合で

 刈羽村議会は19日、全員協議会を開き、東京電力柏崎刈羽原発の共生事業と地域情報化計画をめぐり、当局と質疑応答を行った。当局は、共生事業は民間主導による事業体系を検討中とし、地域情報化は新年度、全戸に光ファイバー網を敷設する実施設計を行いたいと説明した。

 東電の共生事業は、雑固体廃棄物焼却設備の排熱を利用した栽培温室を核に観光、交流などへの展開を描いている。用地は村が取得し、東電が金銭寄付。施設や熱供給配管は東電が建設し、完成後、村に寄付する。主要施設は誘客面から、東電サービスホール近くを想定している。

 民間主導の事業化の手法は、専門企業がノウハウを生かした企業連合を作り、建設から管理、運営まで提案する方式を考えている。採用された事業案について、企業連合が出資する特別目的会社と村が契約し、この会社が建設から運営までを一貫して担う。品田村長は「最初の基本構想から村内を中心にかかわってほしい。青写真の描き方、進め方、従来の公共事業とは違う」と述べ、「主要施設は東京電力が用意、しかも熱源はただ。大きなビジネスチャンスだ」と述べた。

(2003/12/19)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。