PHOTOニュース

市子ども・子育て会議の本年度第1回の会合=市健康管理センター (2022/07/05)


よしやぶ川の川面をカラフルに彩る七夕飾り=2日、市内田塚 (2022/07/04)


桜井市長らと記念撮影をする本年度の市功労者表彰を受けた人たち=1日午前、市民プラザ (2022/07/01)

>>過去記事一覧
PLANT刈羽店、雇用は延べ300−350人

 北陸地方を中心に総合ディスカウントストアを展開するPLANT(プラント)=福井県坂井町、三ッ田勝規社長=は27日、刈羽村下高町地内に出店を計画しているスーパーセンター「PLANT―5刈羽店」の地元説明会を高町地区集会場で開き、約80人が出席した。

 同社は北陸3県と本県で11店舗を営業し、刈羽店は県内3店目。場所は国道116号近くの県道沿いで、東京電力柏崎刈羽原発の進入路の南西側。来夏以降のオープンを目指す。店舗面積は約1万6,900平方メートル余りで鉄骨平屋建て。営業時間は午前9時から午後10時。駐車台数は約1430台。県道をはさんだ2カ所の来客駐車場に7カ所の出入り口を設ける。

 説明会には吉村和広・同社開発課長ら7人が出席。「騒音レベルの予測値はすべて環境基準値を満たしている」と述べた。交通量のピークは出店による増加量を現況に加味し、平日は午後5時から、休日は午後4時から各1時間と想定。「交通処理能力に大きな問題はない。現状で発電所の帰宅ラッシュはあるが、著しく悪化することはないと見ている」と説明した。

 雇用は保育士など専門分野から軽作業まで交代制で延べ300人から350人を予定し、開店3、4カ月前から社員、パート、アルバイトを募集する。

(2003/12/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。