PHOTOニュース

7月1日にオープンするハコニワ第2弾。「学びの場」をコンセプトにした=市内横山 (2022/06/28)


豊かな自然を背景に、上演された綾子舞。かがり火がたかれる中で、優美に披露された=25日夜、市内鵜川の綾子舞会館前 (2022/06/27)


コラボをしたいろはや製餡所の小田代表取締役(中央)ら関係者と、仲立ちの柏崎信金職員=23日、柏崎信金本店 (2022/06/24)

>>過去記事一覧
ホープス卓球大会に2選手

 3月27・28日に栃木県立体育館(宇都宮市)で開かれる第1回ホープス選抜卓球大会(全国ホープス後援会主催)の県選抜男子チームに星野直樹選手(北条北小5年)、女子チームに高橋結女選手(田尻小4年)の2人が選ばれた。

 大会は12歳以下の団体戦で、チーム編成は男女とも3年生以下、4年生以下、5年生以下各1人、6年生以下2人の5人。全国から48チームが出場する予定だ。

星野、高橋両選手ともシングルスは県内トップ選手で全国出場の経験はあるが、団体戦での全国は初めてだ。

 2人を柏崎ジュニア卓球スクールで指導する中国人コーチの王翔宇さんは、星野選手を「ドライブを中心に試合を組み立て、ボールの対応力がいい」、高橋選手を「ラケットさばきが速く、ボールに威力がある」と評価する。星野選手は「今まで練習してきたことを全部出して全勝したい」、高橋選手は「試合で声を出して精いっぱい頑張りたい」と抱負を語る。

(2004/ 3/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。