PHOTOニュース

感謝状が贈られた柏崎信金の霜田常務理事(右)と、佐々木柏崎税務署長 =産文会館文化ホール  (2024/06/19)


花火の名場面を紹介したフレーム切手 (2024/06/18)


3日間の人出が過去最多となった今年のえんま市=16日午後1時半ごろ、 市内東本町1 (2024/06/17)

>>過去記事一覧
産大附属が全国級3選手を教諭に

 市内安田、産大附属高校(五十嵐夷広校長)は運動部強化の一環として今年度、バスケットボール、卓球の全国・国際大会で活躍した3人を教諭に採用した。新学期スタートとともに新たな指導陣のもとでチームづくりが始まった。

 同校は特色ある学校づくりで2000年度から、野球、サッカー、陸上を強化スポーツに指定。03年度から卓球、05年度からバスケットボールを加えた。

 新採用で卓球部男子監督は大柿友彦教諭(24)。栃木県出身。愛工大名電でインターハイ・シングルス2年連続2位、ハンガリーの国際ユース大会ダブルス1位。専修大で関東新人学生選手権シングルス2位、全日本学生選手権(インカレ)団体2位2回など。担当教科は地歴・公民。

 同部女子監督は伊藤紗織教諭(22)。愛媛県出身。土佐女子高で四国総体団体・個人単複優勝。専修大でスウェーデンの国際大会単複2位、インカレ・シングルス2年連続ベスト32。本県代表で国体成年女子出場を目指す。担当教科は英語。

 バスケットボール部男女監督は佐藤裕幸教諭(29)。本県出身。新潟商で国体少年男子ベスト16、中京大でインカレ・ベスト4など。社会人1年目に国体ベスト16。新潟教員チームの選手で、毎週新潟市での練習に合流している。担当教科は情報と体育。

(2005/ 4/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。