PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
今年度の下水道・農集排の管理工事は広範囲

 市が今年度計画している第6期の公共下水道事業汚水管敷設工事は約7キロ、雨水路工事は約0.6キロだ。一方、昨年10月の中越地震では公共下水道、農業集落排水事業の管路に甚大な被害が発生。この復旧工事で約37.5キロ、地震で工事が出来なかった繰り越し分約5.1キロも加わり、市内の広い地域で管路工事を進める。

 このうち、公共下水道第6期事業は、池の峰、御山町、佐藤池新田、上軽井川、下軽井川など約540世帯を対象に、2004年度から3年間での整備を予定。田尻工業団地、総合体育館、佐藤池球場、病院、老人ホームなどが含まれ、曜日や昼夜、イベントの有無などで使用量が大きく変動する地域だ。今年度は佐藤池新田、御山町、池の峰など九つの工区で約7キロの管路を敷設。マンホールポンプ二基も設置する。

(2005/ 4/15)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。