PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
赤れんが棟問題で議会と商議所懇談へ

 市議会の文教経済常任委員会(中村明臣委員長)と建設企業常任委員会(吉野芳章委員長)が12日、旧日本石油加工柏崎工場の赤れんが建物の取り扱いを巡り、現地視察と意見交換をした。19日にはこの問題で柏崎商工会議所と懇談することを決めた。

 旧日石加工跡地では、敷地を所有する新日本石油が今年5月から施設の解体工事に入っている。構内にある明治・大正期の赤れんが建物3棟については貴重な産業遺産として解体を惜しむ声が多いが、有効な保存活用策が見いだせなかったことなどから、市は解体前に記録保存の方向だ。

 議会内にも、赤れんが棟の保存を求める声や、建物全体を残せないまでもれんがを何らかの形で利活用することを望む意見などが出ており、両委員会で検討を開始した。

(2005/ 7/13)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。