PHOTOニュース

市プラスクールで、おいしいコーヒーを飲むための基本を伝える講座。受 講者はメモを取り熱心に学んだ=22日、市民プラザ (2024/05/24)


刈羽節成きゅうりの苗を植える槙原小6年生=同校前の畑 (2024/05/23)


企業の採用担当者が列をつくった「高校就職担当教諭との名刺交換会」= 産文会館大ホール (2024/05/22)

>>過去記事一覧
ぎおん柏崎まつりが開幕

 年間最大の市民イベント「ぎおん柏崎まつり」が24日開幕した。5月の市町合併で高柳、西山地域が加わり、初めての年。初日午後には小学生らが元気いっぱいにマーチングバンドパレードを行った。夜は民謡街頭流しの踊り絵巻が市中に繰り出し、前夜祭をにぎやかに飾った。引き続き、25日はたる仁和賀でパワフルな市民の心 意気を爆発させ、26日は越後三大花火の1つとされる海の大花火大会が広い日本海を光と音で焦がす。

 今年の民謡街頭流しには市内の町内会やコミセン、子供会、事業所などから52団体、約3,500人が参加した。高柳からも初めて50人がそろいの浴衣で参加した。午後7時、会田市長が「昨年から今年にかけ、自然災害が続いたが、元気な踊りで災害に負けない柏崎に。高柳・西山の新しい市民を迎え、柏崎のまちがますます元気に なるよう頑張ろう」とまつりの開幕を告げた。

(2005/ 7/25)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。