PHOTOニュース

寄贈された簡易設置型授乳室。赤ちゃん連れの家族など気軽な利用を呼び 掛ける=市内高柳町高尾、じょんのび村 (2024/04/11)


暖かさにつられ、黄色の帯ができた原っぱエリアの菜の花畑=夢の森公園 (2024/04/09)


高柳小と鯖石小の統合式で校歌を一緒に歌う児童たち=8日、鯖石小 (2024/04/08)

>>過去記事一覧
矢嶋さんが山王堂の内装完成

 市内野田、矢嶋光則さん(73)がこのほど、自宅で管理する山王堂(山王バス停前)の内装を完成させた。自身で壁面を張り、天井に十二支を油彩で描き、絵格天を仕上げた。内装の完成を見ずに他界した父親の跡を継いだ矢嶋さんは、念願達成に満足感いっぱいだ。

 矢嶋さんの話では、矢嶋家は言い伝えによると、古い時代から神社やお堂を持ち、信仰の厚い家柄だという。元祖は足利尊氏の家臣・矢嶋基次郎定影といい、山王堂は愛児の死を悼んで1300年代に建立されたといわれる。神社は現在、別の神社と合併し、山王堂は依然として矢嶋さん宅で管理している。

 お堂はこれまでにも何度も建て替えられ、現在地には父親の故光平さん(1981年没)が国道353号の拡幅に伴って移転。1965年ごろに縮小した形で光平さんの手で建てられた。お堂の中は広さ6畳分。完成に併せ、光平さんは生前、仏像を二体彫ったものの、内装を仕上げずに亡くなった。

(2005/12/16)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。