PHOTOニュース

市内愛好家が作ったつるし雛が飾られた座敷=市内新道の史跡・飯塚邸 (2024/04/23)


幅広いジャンルで楽しませた新生音市場。この一つ、太鼓集団「鼓明楽」 は会場と一体感となり、エネルギッシュなステージを繰り広げた=21日、 アルフォーレマルチホール (2024/04/22)


市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)

>>過去記事一覧
春は名のみ…また真冬に逆戻り

 柏崎地域は14日も寒気の影響で、朝方から雪が降り続き、一時は春の訪れを感じさせた市街地を再び一面銀世界で覆った。鵜川地区では同日午前9時現在、積雪が再び3メートルを超えるなど春の足音が遠のいた。

 鵜川地区は2月21日に3メートルを下回り、今月12日の積雪は253センチまで減ったが、今回の降雪で13日に295センチ、14日には315センチになった。市街地でも降りしきる雪に交通はのろのろ状態。事業所や住宅の前では除雪をする光景があちこちで見られ、「もう春が来たと思っていたのに。いつまで降り続くのだろう」との会話が交わされた。

(2006/ 3/14)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。