PHOTOニュース

市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)

>>過去記事一覧
3工場跡地が市会委員会で議論に

 市議会2月定例会は常任委員会審査最終日の20日、総務委員会が開かれ、その中でJR柏崎駅周辺の旧小松エスト跡地、旧西川鉄工所跡地、旧日石加工柏崎工場跡地への対応が議論になった。特に旧小松エスト跡地は、活用策の一つだった枇杷島小の移転が現地改築へと地元の意向が変わったことを受け、新たな方針決定を急ぐべきと委員側は求めた。

 これら跡地について市は「まちなか活性化計画」や第4次総合計画の策定で検討するとしている。委員会で当局は、3つの跡地をどうしていくかは第4次総合計画の大きな目玉になることや、日石跡地の赤れんが棟の取り扱いなども含めて総合的に考えていかなければならないことを説明した。また一般論として、市の公有地になっているものは、活用策がなければ売却したいという考えにも言及した。

 柏崎地域土地開発公社が21億円で先行取得した小松跡地について小池寛氏(整友会)は「一部を枇杷島小用地として活用するという大義名分で買ったはずだが、枇杷島小が白紙撤回ということで新たに取り組む姿勢が必要」とただした。

(2006/ 3/22)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。