PHOTOニュース

市内3会場で行われた早春茶会。市内外から集まり、春一番の茶会を楽し んだ=市内西港町、シーユース雷音 (2024/04/20)


ハナモモ畑を管理する池田寿一さんから話を聞く鯨波小と米山小の児童= 18日 (2024/04/19)


県内トップを切って行われた葉月みのりの田植え=18日午前、市内藤井 (2024/04/18)

>>過去記事一覧
市の新ごみ処理基本計画、06年度から

 市は27日、市廃棄物減量等推進審議会(本多満理子会長、委員数15人)の今年度3回目の会合を市役所で開いた。策定作業を進めていた新「一般廃棄物(ごみ)処理基本計画」の説明が行われ、発生抑制(リデュース)、再使用(リユース)、再生利用(リサイクル)の3Rの積極的な推進を図るとした。

 新基本計画は、1995年に策定した現行の基本計画を見直し、2006年から15年までを計画期間とする。国の循環型社会形成推進基本法をはじめとする一連のリサイクル関係法の制定で、使い捨て型社会から循環型社会への転換の基盤が整いつつある中で、新基本計画では3Rを中心に据え、現在抱える諸課題に対応する方策を示した。

 また、市民、事業者、市が共通の認識に立って、循環型社会の構築を目指すため、それぞれが取り組むべき役割を明らかにした。

(2006/ 3/28)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。