PHOTOニュース

ロングラン利用者3人の作品を展示した本店ウインドー=柏崎信金 (2024/06/13)


市内外のアマチュア18団体が出演した「野外おんがく堂」。観客は劇場広 場の階段で楽しんだ=9日、アルフォーレ (2024/06/11)


初試行したマイナンバーカードによる避難所受け付け訓練=9日午前9時 半過ぎ、米山小 (2024/06/10)

>>過去記事一覧
就労支援の拠点がオープン

 柏崎公共職業安定所と市が連携してパート、高年齢者、若者の職業相談、紹介を総合的に行う「ワークサポート柏崎」の開所式が17日、市内東本町一のフォンジェ・ストリート棟で行われた。

 ワークサポートは市内の既存施設を中心市街地に統合し、窓口の一本化、機能充実、利便性を図った。パート、一般求職、高齢者の職業相談などに加え、新たに市が若者職業相談を行う。県内には国、県、市で運用する若者就労支援施設が3カ所あるが、市と国のものは初めてだ。フロアは約180平方メートル。タッチパネル式で求人情報を閲覧できる自己検索システム3台と職業適性検査システム一台を設置した。

(2006/ 4/17)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。