PHOTOニュース

刈羽節成きゅうりを使ったアイデア料理を味わい、ふれあいを深めた「にしなか菜々彩くらぶ交流会」=16日、西中通コミセン (2018/02/20)


西山ハッピープロジェクトで劇「内郷の戦中戦後物語」を上演し、平和の大切さを呼び掛けた内郷小6年生=18日、西山ふるさと館 (2018/02/19)


特別整理休館中のソフィアセンター。さらに使いやすい図書館を目指し、端末機器を使って蔵書を点検する職員たち=16日 (2018/02/17)

>>過去記事一覧
音楽の先生たちが新春彩るコンサート

 柏崎・刈羽と近隣の学校勤務の人たちによる音楽教師の会(渡辺隆樹会長、会員数27人)が7日、産文会館文化ホールで新春恒例のニューイヤー・コンサートを開いた。和・洋の合奏曲や声楽の調べが会場に流れ、聴衆はじっくり聴き入った。

 音楽教師の会は1989年、13人の音楽教師が豊かな音楽性を持ちたいと活動を始めた。コンサートは今年で17回目。新学習指導要領に伴って加わった邦楽の箏(琴)の合奏「薫る花」などで幕を開けた。

 続いて、独唱や弦楽、リコーダー合奏、ピアノ六手連弾、木管六重奏などが行われた。出演者全員が混声四部合唱で「Amor vittorioso」などを歌い、アンコール曲の「早春賦」で春待つ心が会場にしみわたった。

(2007/ 1/ 9)