PHOTOニュース

国指定文化財の名勝・貞観園。100種類を超える苔のみずみずしさが際立つ=24日、市内高柳町岡野町 (2022/05/26)


五月晴れの下で開かれたイベント「野外おんがく堂」。観客は劇場広場の階段で聞き入った=22日、アルフォーレ (2022/05/25)


じょんのび村が開いた昔ながらの「馬耕」を体験するイベント=21日、市内高柳町岡野町 (2022/05/24)

>>過去記事一覧
火災の変圧器を海上輸送で搬出

 東京電力は20日、柏崎刈羽原発で中越沖地震発生時に火災を起こした3号機所内変圧器を船で搬出する作業を報道陣に公開した。

 変圧器は高さ約6.6メートル、重さ57トンで、付属品など含めると総重量は78トンになる。17日に基礎部分から切り離す作業を行い、18日に130トントレーラーで原発構内の専用港に移動した。運搬船への積み込みには作業員27人が当たり、トレーラーからクレーンで慎重につり上げて運び込んだ。

 運搬船は20日に出港し、津軽海峡経由の北回り航路で、24日に製造メーカーの東芝・浜川崎工場(神奈川県川崎市)に到着する。その後、変圧器は分解され、データなどを詳細に調べる。

(2007/ 9/20)

※柏崎日報社掲載の記事・写真は一切の無断転載を禁じます。


すべての著作権は柏崎日報社および情報提供者に帰属します。新聞記事・写真など、柏崎日報社の著作物を転載、利用するには、原則として当社の許諾を事前に得ていただくことが必要です。掲載についてのお問い合わせは、お電話 0257-22-3121 までご連絡ください。